リフォーム依頼に適したタイミング

損しないリフォームを実現!

>

これから注目!新しいリフォームのかたち!

空き家を民泊に!セカンドライフリフォーム

ここ数年の民泊ブームの影響で、古い空き家や現在住まいとして使っている家を民泊用にリフォームしようと考える人が増えているようです。
民泊は昔からありましたが、かつては住居スペースにある程度のゆとりがあり、ゲストルームを完備している家が民泊向きと考えられてきました。
しかし、最新型の民泊では必ずしも空間の広さは必要ではなく、むしろアットホームな雰囲気のある住まいが民泊として人気が出ているようです。
最低限の防火施設や部屋数など、民泊へのリフォームにあたってはいくつかの法的規制がありますので、リフォームを検討する際はまずそのあたりからチェックし、予備知識を仕入れていきましょう。
また、反対に、民泊だった住まいを普通の家として改修するリフォームのニーズも多く寄せられているようです。

新しい住まいの形!シェアルームへようこそ

ここ数年、とくに若者たちの間でトレンドとなっているシェアルーム。
かつてのシェアルームというと、あまり豊かではない学生などが家賃負担を少しでも軽くするために数人の仲間を募りひとつの部屋で同居する、というイメージでしたが、近年は必ずしも経済的困窮を背景とせず、単身でもアパートを借りられる財力をもつ学生があえてシェアルームを選ぶ、というパターンが増えているようです。
民間会社が提供するシェアルームで暮らすパターンもありますが、もともと住んでいる一軒家をシェアルームとしてリフォームするニーズも増えており、将来的には「コロニー」とよばれる大規模なシェアハウスを運営する若者とそれを利用する若者、という二極構造が明確化していくだろうと考えられています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る