リフォーム依頼に適したタイミング

損しないリフォームを実現!

>

住まいをより快適にリフォーム!最適なタイミングは?

子どものいる家にむいているリフォーム

人生において家族が増えるというのは、誰にとってもうれしいイベントです。
家族の構成人数が増えるわけですから、リフォームも当然、空間をより広くする、という方向で考えなくてはなりません。
ただし、単純に空間を広く確保すれば子どもたちにとって住みやすい家になるかというと必ずしもそうではなく、「空間を無駄なく活用したうえでスペースを広くする」ことが重要であると考えられています。
リフォームを考えるうえで大切なのは、リビングのレイアウトです。ある研究報告では、リビングが開放的であり、しかも家族全員の声が絶えず聞こえるように設計された家で育った子どもは学校の成績が良くなるというデータがあり、プライベート空間が必ずしも子どもにとって良い影響を与えないことがわかります。

徹底検証!子どもと寝室は分けるべき

子どものいる家庭のリフォームでまず考えたいのがいわゆる寝室問題です。
要するに、「子どもと寝室を分けるべきか」ということで、これに関しては国民性や個人の価値観が深く絡んでくるために意外と複雑な議論になっているようです。
子どもと一緒に寝るのは日本古来のスタイルですが、親子のコミュニケーションが密接になるかわりに夫婦のプライベートが削られる、というデメリットがあります。
一方、子ども専用の寝室をもうけることで夫婦のプライベートが確保されますが、親子のスキンシップの時間が減ってしまうという問題があります。
年齢によっても解決策が異なり、体力が不安定な乳幼児のうちは両親の部屋で寝かせ、ある程度物の分別がついてきたら専用の子ども部屋で寝かせる、というのが主流になりつつあるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る