リフォーム依頼に適したタイミング

損しないリフォームを実現!

子どものいる家にむいているリフォームパターン

住まいのリフォームというと、「信頼できる業者にすべてを一任すれば良い」などと考えている方も多いかもしれませんが、より質が高く、なおかつ後悔のないリフォームを行うためには適切なタイミングをしっかりと見きわめ、計画性をもって工事を依頼する必要があります。
タイミングを見きわめず、場当たり的なリフォームばかりを繰り返していると、結果的に無駄な工事ばかりが増えてしまったり、本当に必要な箇所にまでリフォームの手がまわらなかったりと、さまざまな面でアンバランスとなり、無駄なコストばかりが増えてしまいます。
できれば新築の時から、「何年後にはここをまずリフォームしよう」などという風にある程度の先見性をもってリフォームの計画を立てることにより、リフォームの重複やミスマッチをあらかじめふせぐことにつながります。
また、リフォームは必ずしも住まいの老朽化にともなうものばかりではありません。結婚して子どもが増えたり、年齢を重ねて段差の解消が必要になったりしたときにこそリフォームの必要性が出てくるのであり、その時にそなえてこつこつと予備知識をたくわえておくことが大切なのです。
このサイトでは、リフォームを考えはじめるタイミングについてライフステージごとに解説するとともに、情報収集のアプローチや優良業者を見抜くポイントについて掘り下げてまとめています。
業者との交渉でやってはいけないNG集についても触れていますので、ぜひとも参考になさってください。

TOPへ戻る